スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【きゃりこみゅカフェ実施報告vol.28】

【きゃりこみゅカフェ実施報告vol28

2019123日(水)14001600

■来店生徒数:99

■運営スタッフ:6名(大学生スタッフ他)

 

ニュースをみていたら今年のインフルエンザの全国の推定患者数は213万人にも上るようですよ〜

私はなんとか今のところ大丈夫ですが油断大敵!手洗いうがいをしっかりして健康管理に努めたいものです。

 

皆さんこんにちは!きゃりこみゅのとりっぴーです。

今日のカフェではこの寒い季節にぴったりのコーンポタージュや春雨スープ、紅茶など温かい飲み物をたくさん準備しました。

高校生のみなさんのフーフーしながら美味しそうにドリンクを飲む姿をみて、冬も悪くないな〜としみじみ感じました。寒いからこそ、ものの温かみに改めて気付いたり、人の温もりが恋しくなったりしますよね。これからも身もそして心も温まるカフェを運営していきたいです。

 

さて、今日のカフェでは将来の夢ややりたいことについて話す生徒が多く見られました。それぞれの生徒が大学等への準備を進めていて、中には不安や心配を見せる生徒もいました。その中で○○君はこういういい所がある!△△さんのこういう所を尊敬している!という声が聞こえてきました。さりげない一言かもしれませんがそのような自分が他人に認められる瞬間があると自然と自信が湧いてきたり、自己肯定感が高められたりするのではないかと思います。加えて、他者の個性に気付けるということは自分の個性を気付くことにも繋がるのではないでしょうか。悩みの解消に直接的に役に立つとは限りませんが、お互いを認め合う経験が、高校生達がこれから生きていく上での1つの財産になることは間違いないでしょう。

 

また、大学の授業の関係で私は久しぶりのカフェだったのですが、「あ!ぴっぴだ!」と私に声をかけてくれていた生徒がいました。その子とは数か月以上も会ってなかったのに私の事を覚えてくれていて純粋に嬉しかったです。そこでふと気付いたのが高校生の「居場所カフェ」を運営している私にとってもきゃりこみゅカフェが1つの居場所になっているということです。大学生活の中で高校生と触れ合う場面は少ないですし、他大学の人との交流もそこまで多いというわけではないと思います。きゃりこみゅカフェを通してたくさんの高校生や他大学の専攻が異なる学生と出会うことで自分の考えの幅を広げることができ、いつしかそこが自分にとって居心地が良い場所となっていました。これからの活動でも感化されつつしつつ、人との交流の輪を広げていきたいと思います。

 

春はもうすぐそこ!という訳ではありませんが着実に近づいてきていることは確かです。もしかしたらお別れなんかもあるかもしれません。今、周りで支えてくれる人がいたり、励まし合える仲間がいることは決して当たり前なんかじゃなかったと後になって気付くこともしばしばですよね。照れくさいかもしれないけど、大切な人に一言「いつもありがとう」なんて言ってみてはいかがでしょうか。

 

今年度のカフェも残すところあと2回になりました。私も「感謝」の気持ちを忘れず、残りのカフェの時間も過ごしていきたいです。(とりっぴー)

スポンサーサイト

コメント