【きゃりこみゅカフェ実施報告vol.26】

【きゃりこみゅカフェ実施報告vol.26】

■2018年12月19日(水)14:00〜16:00

■来店生徒数:104名

■運営スタッフ:9名(大学生スタッフ他)

■視察:静岡英和学院大学 人間社会学部 コミュニティ福祉学科 准教授 栗原 拓也先生 及びゼミ生4名

 

こんにちは! きゃりこみゅのさわだです。

                                                        

本日のカフェは、学生団体きゃりこみゅによるイベント、クリスマス会でした!

いつもより少し早く到着したスタッフで、くじ引き用のくじを作成し、ツリーを飾りました。ドリンクコーナーには寄付していただいたシャンメリーを並べ、一足早いクリスマス気分が味わえるカフェとなりました。

 

休み時間を利用して行ったメインイベントのクリスマスプレゼントくじは大盛況で、あっという間にプレゼントがなくなりました!クリスマスプレゼントの景品は学校の先生方や地域の皆さまをはじめ全国のきゃりこみゅカフェを応援してくださっている皆さまから寄付頂きました。本当にありがとうございました。

今回、学生スタッフのとりっぴー・ゆめちゃん・やまぴーのおかげで、休み時間の限られた時間内で無事イベントを終了することができ、高校生も大盛り上がりでした。

 

今回は月曜日課だったということもあり、授業の時間になると生徒が一気に教室へと向かっていきました。カフェに参加してくれた高校生は、くじでわーっと盛り上がって、その後は、きちんと授業に向かい、メリハリのある開催となりました。

 

くじが終わった後半は、いつも来てくれる高校生も多くなり、落ち着いた雰囲気となりました。

最近お誕生日だった高校生の誕生日をお祝いしたり、トランプをして遊んだりと、それぞれのテーブルごと高校生とスタッフが交流している様子でした。

本日は英和学院大学の先生と大学生が視察に来てくれていたため、いつも以上にスタッフが多く、1テーブル1人がつけるくらいの余裕がありました。スタッフの人数が多いと、高校生1人1人と密に会話が出来ていいですよね。

 

また、今回は、高校生に、クリスマスカフェの感想を模造紙に記入してもらいました。

模造紙には「毎回楽しみ!」「来年もよろしく!」などと書かれていました。きゃりこみゅカフェには、食料など様々なものを寄付していただいている方、お仕事のお休みの時間を割いてスタッフとして参加している方や、授業の合間に手伝ってくれる大学生など、沢山の方が関わっています。

そんな中で、高校生たちの、素直な「楽しい!」「またやってほしい!」は、スタッフ誰もが何よりも嬉しい言葉です。

 

反省会でも話題にあがりましたが、平日開催ということで大学生は卒業後に就職のため参加することが難しくなります。当然、運営スタッフも、高校生自身も卒業と共にメンバー―が入れ替わっていきます。

何度も顔を合わせるほど別れることがさみしくなりますが、カフェでスタッフと関わったことが高校生の心の片隅に残るような経験となって、どこかで生かされればいいなと思います。

 

次回のきゃりこみゅカフェは来年の1月9日(水)14:00〜16:00です。(さわだ)